RGSS-アローカーソル・ダメージ表示修正

カテゴリ: 投稿日: 2012-08-21
«RGSS一覧

ダメージ、アニメーション、アローカーソルは
「Spriteset_Battle」で作成したビューポートに反映するようにして表示しています。
アクター、共にエネミーのビューポートはどちらも
バトラーグラフィックと同じ奥行きに設定されています
エネミーの場合はHPなどのステータスがグラフィックに被る事がないので問題ありませんが
アクターの場合ですと、ステータスの表示をするため
ダメージなどの表示がステータスの文字に隠れてしまいます

そんなわけで、今回はその応急処置として
ビューポートを通さないようにしたり、
新しくビューポートを作成して反映させます。




【今回の変更点】
・RPG::Sprite(追加)
・Spriteset_Battle
・Scene_Battle 3




以下ダメージ表示修正


■RPG::Sprite

RPG::Spriteの貼り付け方法などについては以前の記事
ダメージ文字・動作変更」に書いてありますので参考にしてください。

クリティカル文字などの
ダメージ表示系のものが書かれているところ。
クリティカル文字設定(if critical~end)の丁度下。
(self.viewport)になっているところをnilに変更。
@_damage_sprite = ::Sprite.new(nil)

あとはxyなどで位置を微調整するだけです。

以下アローカーソル修正


■Spriteset_Battle

「公開インスタンス変数」
attr_reader :viewport5
「ビューポートを作成」
@viewport5 = Viewport.new(0, 0, 640, 480)
@viewport5.z = 200

z値はステータスよりも上に。デフォルトなら102以上。

■Scene_Battle 3

「アクター選択開始」の「アクターアローを作成」
青文字のように変更します。
@actor_arrow = Arrow_Actor.new(@spriteset.viewport5)



「こういった変更が面倒だ!」という場合は
アクターのビューポートをステータスと被らないように位置を変更したり、
いっそアクターにバトラーグラフィックを使わないという手段もあります(・ω・`)