011-こんな雰囲気になってきました

カテゴリ: 投稿日: 2014-09-10
«010-どど~ん!と公開012-ユガミユメ後記っ!その1»

現在、鋭意制作中のDistortion Dream…
制作メンバー間では通称DDとか呼んじゃってますが
順調に進んでいるのでここで途中報告とゲームの雰囲気紹介です♪






謎の美少女!
キャラ絵担当の美月に頼んで、グラフィック増えました!ヽ(゜∀゜)ノヒャッホーイ!

上のスクショのように、特定のアイテムを所持している時に人物に話しかけると台詞が変わったりするんですが、大抵はプレイヤーがGOODENDに行くにはどうすべきかのヒントにしようと思っています。

プレイヤーの行動次第で一部シナリオとエンディングが分岐されるタイプのゲームなのです(`・ω・´)

悪夢の画面はなんというか、制作過程でどんどん


スプラッタ!!!☠


になってきました。
ネガティブホラーというよりも、視覚的にホラーですね…
「いじめ」がテーマで全体的に暗くて精神的にアレな感じですが(汗)






ずーっと主人公の教室にあるというてるてる坊主。
何回か調べると反応や台詞が変わったりも。

さっき書いたように、持ってるアイテムだったりとか、調べた回数だとか、面倒かもしれないけど色々やってみないとわからない事もたくさんあります。
…ちと苦労ですな…(´ω`;A)
まだまだ作る箇所がいっぱいあるのでガンバりますぞ!!!






んでもって非常にメンドーなのがこれ。
調べる方向が違うと、反応が違うという…

この例なら机の中身と外側で反応が違うように作ってます。
ポチポチ決定ボタンを押すのも何なので、キホン接触するだけで調べたり会話ができるようになってます。
その分、「間違えて接触しちゃった!」
ってなると残念な気分になりますがorz
そこら辺は狭い所にイベント作らないとか、長い文章は控えるとか考慮するつもりです。





とまあ、そんなカンジです!(ぇ

メンバーの案で追加した部分もあり、短編にしようと考えていたのに
意外と時間がかかってしまってます(。A。)
その分、手ごたえといいますか
作りごたえが出てきましたが。

物語自体がちょっと謎解きっぽいんですが、
謎解き要素も入れてみようと奮闘中(笑)
主人公たちが中学生という設定上、中学で出る問題に近いものを考えていますが、正直ゲームでもお勉強しなきゃ感を出すのもどうなのかと考え中。


次は完成が近くなったら書くと思います。
気が向いたらまた訪問しちゃってくださいね♪