2014-10-29

Distortion Dream ユガミユメ更新履歴

«Distortion Dream ユガミユメ

DistortionDream ver3.1(決定盤) - update[2016/06/03]
・Saveフォルダの自動生成(初期時同梱なし)
・説明書-ReadMe-の文字化けを修正
・説明書下部に「ふりーむ!」へのリンクを追加
・一部スクリプト簡略化

DistortionDream ver3.0 - update[2016/04/09]
・メッセージログ機能追加
・操作説明改修
・セーブ消去モード切替ボタンをF5キーに変更
・説明書-ReadMe-の記載内容を変更
・音量設定が適用されていなかった効果音に設定を適用

DistortionDream ver2.7 - update[2016/01/06]
・OPTIONにTEXT項目追加、メッセージ表示方法(通常と一気表示)が変更可能に
・一部イベントを修正

DistortionDream ver2.6 - update[2015/07/03]
・教室戸の挙動修正(僕の教室/図書室→決定ボタンを押さないと反応しない、移動時に戸が消える)

DistortionDream ver2.5 - update[2015/05/04]
・著作権上の注意の記述を変更。
・一部脇役台詞の微変更
・MIDIデータの修正
※上記の更新によるゲームデータ自体の大幅な変更はありません。

DistortionDream ver2.4 - update[2015/01/14]
・エンドクレジットを決定ボタン・スキップボタンで早送り可能に
・エンドクレジットに制作ツールを表記
・ED13一部表現を変更(自宅ではなく学校に)
・説明書の操作説明の誤りを修正、HTML形式に変更

DistortionDream ver2.2 - update[2014/11/24]
・教室2箇所(幼馴染みに話しかけた後のテレパシー/グラビア雑誌かばった後の机上の本の出現)判定の誤り修正
・誤字、台詞修正

DistortionDream ver2.1 - update[2014/11/14]
・夢/図書室の文字入力をクリア後省略できるよう変更
・最終マップで一部歩行不可だった部分を修正
・ピアノ入力の感度を調整
・アイテムウィンドウが表示されていなかった箇所を修正

DistortionDream ver2.0 - update[2014/11/09]
・ESPカードで連続して加算される得点の引き上げ
・VIPROOMにウリア追加
・ウリア実体の顔グラフィック追加
・曲「Crow's Sky Distortion」追加
・ゲームリンク実装
・DOTQとゲームリンク可能に
・操作説明を「Cボタン→決定ボタン」の表記に変更
・タイトルの一部を修正

DistortionDream ver1.10 - update[2014/11/04]
・6rd飛び降り少女フラグを立てた状態で幼馴染みと教室を移動しようとすると飛び降り少女に呼ばれる不具合修正
・4rd夢にて本棚のアルファベットの誤りを修正(GではなくDの誤り)
・スタッフロールの一部誤りを修正

DistortionDream ver1.8 - update[2014/11/02]
・ESPテスト後にセーブしようとするとエラー発生する不具合を修正
※セーブせずに進行させれば問題を回避可能
・語りかける者ルートでナイトメアの台詞が変化するように修正
・一部画像表示位置修正

DistortionDream ver1.5~1.6 - update[2014/11/02]
・ゲーム中、操作方法に補足
・語りかける者出現の判定誤りを修正(ED13、ED6に行けませんでしたorz)
・判定ズレ修正
・一部台詞を変更

DistortionDream ver1.3 - update[2014/10/31]
・ESPカードで「やめる」を選んで中断するとカード画像が消えないのを修正
・おまけ部屋のESPカードで遊べなかったのを修正
・アイテム・スミレの画像サイズを変更

DistortionDream ver1.2 - update[2014/10/30]
・一部説明書の誤りと操作説明を改修
・1rd/幼馴染みからCDを受け取った後話しかけるとエラーが起きる問題を修正
・一部台詞を修正
・2rd・5rd/イベント判定の誤りを修正
・7rd/包丁を調べるとウィンドウが残留しエラーを引き起こす問題を修正
・データ更新後に続きから始めるとナイトメアの巣のバック効果が表示されない問題について対処

DistortionDream ver1.0 - update[2014/10/29]
・DistortionDreamユガミユメ初公開


【不具合情報提供&協力者様(敬称略)】

Qぴっとちゃん
オリオンナイト
まな板の上の恋
ミツマサ
御剣詩子
その他プレイヤー様方




+*.☆thank you☆.*+


category:

GAME『Distortion Dream ユガミユメ』

Silver Hearts Presents Original Game

ネガティブホラーアドベンチャー
DistortionDreamユガミユメ - タイトル画面

第10回ふりーむ!ゲームコンテスト
脱出アドベンチャー部門 銅賞 受賞作

Version 3.1(決定盤)

※SilverHeartsゲーム作品使用上の注意※

更新履歴・内容を見る

基本価格
:
無料
タイトル
:
Distortion Dream ユガミユメ
読み
:
ディストーションドリーム ユガミユメ
ジャンル
:
ネガティブホラーADV
年齢制限
:
15才以上推奨
プレイ時間
:
30分~
制作期間
:
2014年3月~10月
制作ツール
:
RPGツクールXP
動作環境
 Windows XP/Vista/7/8/10 日本語版(32bit/64bit)

☆…本記事内/★…別記事/→…別窓表示

category: ,
2014-10-11

RGSS-震えモーション

«RGSS一覧

ガクガクブルブル((゜д゜|||))というように、キャラクターが震える動きを付けたい時にわざわざ震え専用の歩行キャラクターを作るのも、使うキャラクターの数が増えるほど手間がかかるしサイズも増えてしまいますよね。

なので、今回はガクブルをスクリプトで表現させちゃいましょう!



【今回の変更点】
・Game_Player



■Game_Player

まずはここでガクブルさせた際に、一緒に画面が移動しないように判定させます。
プレイヤーキャラクター以外には影響はないので、プレイヤーをガクブルさせない場合は必要ありません。

「def update」
last_real_x = @real_x
last_real_y = @real_y
super

この下を以下のようにunlessで囲みます。

unless @shake
 if @real_y > last_real_y and @real_y - $game_map.display_y > CENTER_Y
  $game_map.scroll_down(@real_y - last_real_y)
 end
 if @real_x < last_real_x and @real_x - $game_map.display_x < CENTER_X
  $game_map.scroll_left(last_real_x - @real_x)
 end
 if @real_x > last_real_x and @real_x - $game_map.display_x > CENTER_X
  $game_map.scroll_right(@real_x - last_real_x)
 end
 if @real_y < last_real_y and @real_y - $game_map.display_y < CENTER_Y
  $game_map.scroll_up(last_real_y - @real_y)
 end

end

@shakeがtrueの時のみ、画面は動きません。
インスタンス変数にしているのは移動ルート以外では使用しないためです。


あとはイベントコマンドの「移動ルートの設定」に組み込むだけです。
主に「スクリプト」とウェイトを使用します。

スクリプト : @shake = true
スクリプト : @x -= 0.1
ウェイト : 1フレーム
スクリプト : @x += 0.1
ウェイト : 1フレーム
(必要な分だけ+-繰り返し)
スクリプト : @shake = false


移動ルートの対象がプレイヤー以外なら @shake の記述は必要ありません。
幅は1以上にしてしまうと一歩分動いてしまうので、0.1~0.5くらいが丁度いいかもしれません(・ω・)
0.1だと小刻みに揺れますが、場面によって使い分けるといいでしょう。
位置を元の場所に戻すのを忘れないようにプラスマイナス同じ分だけ動かします。

振動させる幅を後で変更するのは、ポチポチと面倒かと思いますので
@vib = 0.1
という適当な変数に振動幅(例では0.1)を書いて
@x += @vib
と記述しておくと、変更する点は@vibだけになるので便利です。
コピペで汎用する場合も楽です(・v・)レッツトライ!



意外とガクブルさせる表現、使えますよねぇ~~(*´ω`*)
キャラが恐怖を感じる場面や、縛られて身動きができない場面、タンスの引き出しやドアが開かない時、重たい斧を引き抜くような「ふんぬぬぬぅ~~~!=3」という力を込めるような場面でも。
横だけ、縦だけでなく、@x と @y を併用して複雑な動きをとらせる事もできるので
怪しいダンス(?)などの細かい動きもこれで表現できるようになりますぞ!



★このスクリプトを使った関連作品

category: