PLAY!/フリーダムウォーズ

カテゴリ: 投稿日: 2018-01-12
«GAME REPORT一覧

writer:烏守美樹

今回紹介するのは、Sony Computer Entertainmentの「フリーダムウォーズ」
こういったタイプの狩りゲーは他メーカーのタイトルでもいくつかあるみたいですが、
これは体験版をプレイして、荒廃したパンクな世界観と導き手であるアリエスちゃんがド好みでストアを見る度に気になっていました。
サークル活動がひと段落して歳末だしぱーっとやるかー!と、ようやくセールを機に思い切って購入し、お正月にじっくりプレイしていました!

発売から4年経ってオンライン共闘やPvPはもう廃止されたかガラガラか、どっちかだよなーと思いつつオンラインに繋いでみたんですが、なんと今でもオンライン共闘してくれるプレイヤーさんがいるのは驚き。
部屋を作ってオンラインプレイしてみたのですが、新参者の私にも親切な方ばかりで非常にありがたかったです。


それではー
どんな内容のゲームか紹介していきましょう:-)


どんなストーリー?

よくありがちな「主人公は記憶喪失」から始まるのはまっさらな状態から始めるのに都合のいい設定だなーと考察しつつ……
主人公は"ボランティア"中に敵アブダクター(なんか機械みたいなの)の強い攻撃を受けて記憶を失ってしまった残念な咎人(トガビト)。

資源が枯渇化し荒廃してしまった世界で、パノプティコン(以下PT)と言われる組織同士で資源や技術者を略奪し合う戦争を起こしており、人間は生まれた時から懲役を科せられ咎人として権利を制限され四六時中監視され続け、敵対PTから資源を略奪する"ボランティア"を成功させたり、入手した資源を所属PTに収めることで懲役を減らし権利の制限を解放できる……
というもの。

プレイヤーは発行されるボランティアを仲間と共にこなし権利を解放して自由を手に入れるのがとりあえずの目標になる。
筆者はアリエスちゃんに会いたいがために必死で進めました。はい。


どんなゲーム?

最初に、プレイヤーと監視役兼・戦闘補佐の"アクセサリ"というアンドロイドの性別・体系・髪型・ボイスなどをカスタマイズできます。
(こちら、現在は無料追加コンテンツで髪型と目の種類が増えるので最初忘れずにダウンロードしておきたいですね)
後半になってしまいますが、後々権利を解放するとプレイヤー、アクセサリ共に再度性別含め、衣装や外見を何度でも変更できるようになるので気分に合った外見で楽しめます。
個人的にイイネ!と思うのは髪のメッシュ色を設定できるところ。
プリン頭やパンクロックな色合いの髪にできちゃうんですよー!
衣装もパンク寄りかなと。
初期衣装、ボンテージパンツじゃないですかー


メインとなる戦闘は"荊"を使って壁に張り付いたり、敵に張り付いたり、素早くダイブアタックしたり、束縛したり、仲間を蘇生させたり回復させたり防御アップをして進めます。
戦闘を補助するアイテムは各限定された数を、武器は2つまでボランティアに持っていけて、後半になると能力を上げるブースターをセットして、ボランティアやプレイヤーに合った戦い方ができます。
資源を集めて武器を作る、強化する、という定番のシステムもあり、敵アブダクターの部位を破壊しなければ入手できない資源があり、俺強い!を目指したい人はやり込めると思います。

部位破壊は通常の攻撃とナイフでのみ行える"溶断"をする必要があるんですが、これがまたなかなかキツイ……
"溶断"は武器威力依存らしく、低攻撃力だと非常に破壊が遅いのは、他プレイヤーさんから教えてもらいました。
あれ? どこかに書いてあったっけ?
見落としてたらごめん。

"ボランティア"は、資源だけじゃなく、咎人と違い技術のある市民(シヴィリアン)を敵対勢力から奪ったり、敵アブダクターの鳥籠(ケージ)から救出するものが多いんですが、アブダクターを大破させる他にも鳥籠の部位を溶断して救出~搬送するという方法も求められるんですよね……
搬送中の方向転換が難しかったり、敵に攻撃されると搬送中止になったり、慣れるまで難しいかもしれない。
仲間が勝手に搬送したり、命令コマンドで搬送してもらったり追手を排除してもらったり、プレイヤー次第で戦況は変わっていきます。
アブダクターからたった数撃くらっただけで死亡するプレイヤー達で、いかに敵の攻撃を回避するか、どう立ち回るかが重要になってきます。
健在な仲間が近くにいれば何度でも復活できますが、後半のボランティアでは倒れる→復活→復活させてくれた仲間と共に撃沈…なんてケースも稀じゃなくなります……


オンラインプレイ

資源を納品すると所属PTに貢献でき、GDDPランキングが変動していきますが、さすがに4年も経つとなると上位ランキングが大きく変わる事はなさそうですね。
共闘プレイでソロからでも敵地侵攻して敵地として選択したPTのGDDPを減らせます。
一応ソロからでも部屋を作って遊べますが、数人でプレイしたほうが時短になりますし、共通した資源が入手できるし、懲役も早く減ってお互いにお得ですね。
チャット機能があって、設定した定型文のみではなく自由な発言もできるので、喋り部屋を作る方もいるようです。
古参・新参・うまい・へた関係なく楽しくプレイできればいいですね。

PvPはまだ参加した事はありませんが、あまり部屋を見かけません…
というか、うまい人たちばかりなんじゃないか、自分のせいで負けるんじゃないか、という気持ちがあってなかなか入れないのが本音。
そこそこ強くなったら自分も参戦、もしくは部屋を作ってみたいですが、人数が集まるかどうかも怪しい気がします。。。

共闘プレイはパス付部屋を作ってソロで感覚をつかんでからオープンにして他プレイヤーさんを募集してみるのもOKですし、まだまだ利用できる範囲かと。


オンラインプレイサービスのあるゲームは「いつ(オンライン)サービス終了するんだろう」という不安があります。
「フリーダムウォーズ」のオンラインの良いところは、他プレイヤーと共闘できる点ですね。
これなら頑張ってはいるけどなかなかボランティアを成功させられないプレイヤーが、他プレイヤーの力を借りて成功させられますし、チャットで喋って交流するだけでもいいですし。
狩りゲーはこういうのが楽しいんじゃないかな!

権利を解放してアクセサリに自由な名前をつけられるようになるし、倒れたアクセサリが資源として敵アブダクターにさらわれて取り返すのは胸アツだし、倒れてるところを復活させたり取り返したりすると、どんどん言動が優しくなってデレてくるのもポイント高いです。萌えと燃えが混在してイイ!
だからアクセサリを自分好みの容姿にして、行動時のセリフをカスタマイズすれば思い入れもできるというね……!
ぜひとも……!
立ち回りの必要な戦闘、プレイヤーのコーディネート、アブダクターやフィールドのデザイン、BGM、楽しめる要素満載のゲームでしたー!